水素の濃度の高さ|最近話題となっている水素風呂【美容と健康に最適な方法】

最近話題となっている水素風呂【美容と健康に最適な方法】

水素の濃度の高さ

水

保持できる水素の量

水素水は、水素を高圧で押し込んだ水のことで、多くの人が健康維持のためにこれを飲んでいます。具体的には、飲むことで体の機能を衰えさせるフリーラジカルを減らすことが可能となるのです。効果の出方は、飲んだ水素水の量はもちろんですが、含まれている水素の量によっても異なってきます。多くの水素が含まれている水素水を飲んだ方が、効果が出やすくなるのです。とはいえ、水が保持できる水素の量には限りがあります。具体的には、1.6ppmの濃度が限界とされているのですが、この状態になるまで水素を押し込んだ水は、高濃度水素水と呼ばれています。濃度が低めの水素水を飲んだ場合よりも効果が出やすいということで、高濃度水素水は関心を寄せられています。

限界値を超える濃度

市販されている高濃度水素水には、1.6ppmを超える濃度のものもあります。なぜ限界値を超える濃度になっているのかというと、水には一時的になら、より多くの水素を押し込むことが可能となっているからです。たとえるなら、炭酸ガスを押し込むことで作られた炭酸飲料のようなものです。開封すれば炭酸ガスはシュワシュワと出ていきますが、開封しなければ残りますし、開封直後なら炭酸ガスごと飲み干すことができます。これと同じように、1.6ppmを超える高濃度水素水も、開封直後に飲んだ場合には、体内に多くの水素を届けることができるのです。そのため、より高い効果を得ることを希望する人の多くが、このタイプの高濃度水素水を選んで飲んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加